GAP

安全な農産物を安心して生産するための仕組みであるGAPについて御紹介します。

特に、「GAPって何?」と「GAPは必要なの?」を中心に、私の考えも交えて説明しています。

なお、GAPに関する様々な情報は、農林水産省のウエブサイトも御覧ください。

GAPって何?

GAP(ギャップ) = Good Agricultural Practice 

そのまま日本語に直すと「良い農業のやり方」(日本GAP協会による)のことです。

農林水産省はGAPのことを次のように説明しています。

GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)とは、農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。

※農林水産省ホームページ内「農業生産工程管理(GAP)に関する情報」より

 有機JASや特定栽培農産物とどう違うの?

この2つの名称については、「農産物の表示」の所で改めて触れます。ここでは簡単に紹介いたします。

有機JAS

農林物資の規格化等に関する法律(略してJAS法と言います)に基づいて、農林水産省が定めた、有機農産物の生産方法についての基準です。

「有機栽培」とか「有機農産物」、「オーガニック」と表示するためには、この基準をクリアしていることの認証を受けなければなりません。

この基準は、「農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品」であることを認証しています。

特定栽培農産物

各自治体が確認した「その地域での農薬や化学肥料の使用状況」と比べて、

  • 対象となる農薬の使用回数が半分以下
  • 化学肥料の窒素成分量が半分以下

の両方の基準をクリアしていることを、生産者とは異なる者が確認すると「特定栽培農産物」と表示できます。

ちなみに、

「無農薬」 とか 「減農薬」 、「無化学肥料」という表示は、農林水産省により禁止されています。

その理由は、その農産物の栽培に農薬を使用していないときでも、何らかの原因で農薬が付いてしまうことがあるからです。

もし、その農産物の栽培に農薬を使用していない場合は、特定栽培農産物の確認を受けた上で、

「栽培期間中農薬不使用」

と、栽培責任者と確認責任者の氏名等と合わせて表示できます。

GAPと何が違うのか?

有機JASは「化学物質に頼らないで栽培」したこと、特定栽培農産物は「農薬と化学肥料の窒素成分量が、地域で一般的に行われている量の半分以下」を示しています。

農薬や化学肥料を使わないか、あるいは半分以下に減らしていることは証明していますが、その他のことについては何も分かりません。

GAPは、農薬の使用を禁止してはいません。推奨もしていませんが、環境省や厚生省が示す基準をクリアするような使用方法や、残留農薬の検査をすることを求めています。

また、有機JASや特定栽培農産物では評価の対象になっていない事柄も、GAPにはあります。

例えば、有毒な細菌やガラス片などの異物が農作物につかないような工夫だったり、周辺環境への配慮や、従業員のケガの予防などといったことはGAPで取り組むことです。

GAPは必要なの?

「GAPは必要なのか?」という問いには、2つの意味が含まれており、それぞれに別個に考えなければならないと思います。その2つの意味とは次の問いです。

  • GAPに取り組むことは必要なの?
  • GAPの認証を取ることは必要なの?

・GAPに取り組むことは必要なの?

GAPとは何だったか振り返ってみましょう。

GAPとは「良い農業のやり方」のことであり、もう少し詳しく見てみると「食品安全」や「環境保全」、そして「労働安全」等の持続可能性を確保するための農業における取組でした。

私なりに言い換えれば、「良い環境を保ち、生産者や従業員の安全や生活の維持に配慮しながら、安全な農産物を作り続けるための取組」です。

こう考えると、専業や兼業の違いに関わらず、すべての農家がGAPを意識して農作業にあたる必要があると思うのです。

農林水産省も「国際水準GAPの取組拡大に向けた指導の手引き(2018年3月発行)」で

農業者の経営改善場、必要不可欠な取組であり、全ての農業者が取り組むべきもの

と指摘しています。

・GAPの認証を取ることは必要なの?

「GAPの認証」というのは、それぞれの農場でGAPに正しく取り組んでいることを、農場以外の第三者が証明することを言います。

具体的には、次の4種類の中のいずれかの認証を取ることを指します。

  • JGAP(日本発のGAP。ASIAGAPやGLOBALG.A.P.にはない畜産についても認証できる)
  • ASIAGAP(JGAPの内容にGFSI要求事項を追加したGASI承認の国際規格)
  • GLOBALG.A.P.(主に欧州で普及しているGAP)
  • 都道府県GAP(農水省のガイドラインに準拠する都道府県ごとに認証するGAP(例えば、福島県のFGAP)。ガイドラインは示しているが、認証を実施していない自治体もある)

※大手流通業者や小売店の中には、独自のGAPを作り、取引先農家にその遵守を求めるところもあるそうです。(澤田は未確認の情報です。)

上記の中で、都道府県GAPを除けば、認証を取得する時、その認証を継続する審査を受けるとき、それぞれ費用がかかります。

また、認証を維持するためには、帳票を作成管理の労力や、農産物への残留農薬の検査をしたり、土壌分析や水質検査等の費用もかかります。場合によっては、新たに備品や設備を整える必要もあるかもしれません。

それぞれの農場の規模や栽培品目、取引先、その他の事情によっては、GAPの認証を得るメリットがないこともあるかと思います。

したがって、農水省も指摘しているように、GAPの認証をとるか否かは、それぞれの農場が判断すべきことです。

ただ、繰り返しになりますが、

GAPの認証はとらなくても構わないけど、

GAPに取り組むことは必要です。

・「GAPに取り組む」ことの必要性(私見も交えて)

主として以下の点から、たとえ認証を取らなくても、すべての農家がGAPに取り組む必要があると、私は考えます。

  1. 2021年6月から、すべての食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組む義務(後述)。
  2. インターネット取引(EC)や直販所等により、生産者が直接、消費者に対して農産物の安全性についての責任。
  3. 直接、間接を問わず外国または外国人との取引(インバウンドや輸出)の増加。
  4. 消費者の安全志向と権利意識の高まり。
  5. 地球環境の保全への人々の関心。
  6. 労働条件への意識の変化。
  7. 外国人労働者(技能実習、特定技能)または農福連携への対応。
  8. 生産者の高齢化と、事業の承継。
  9. 気象変動と自然災害の激甚化。および被災後の復旧または農家のBCP(事業継続計画)の必要性。

ここでは1.のHACCPに沿った衛生管理の義務化と、2.の消費者との直接取引について、私の考えを記します。

<図>

 

1.2021年6月からのHACCP(ハサップ)義務化。

正確には、今年2020年6月からHACCPを義務化する改正食品衛生法が施行されます。ただ、完全実施まで1年の猶予期間が設けられているために、2021年と記しました。

上記の図「食の安全や品質管理のつながりは、農作物が生産者から消費者の手に渡るまでの4つのルートを示しています。

改正食品衛生法は、図の中の「製造」や「流通・小売・外食」に関わる事業者に、HACCPに沿った衛生管理を義務付けるものです。

それではHACCPとは何か。

厚生労働省の説明を見てみます。

HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。

ようするに、食中毒を起こす細菌や、ガラス片などの異物が食品に入らないようにする取組みのルールがHACCPということでしょう。

では、食品事業者にHACCPへの取組が義務化されることが、農家にどのような関係があるのでしょうか?

厚生労働省のホームページに、全国農業協同組合中央会がまとめた「農産物直売所におけるHACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」が掲載されています。

手引書すべてを読んだ方が良いのですが、とりあえず目次だけ見てみましょう。

手引書の目次から、直売所では農産物等の受入れから、陳列・販売までの衛生管理に関わる取り決めや、様々な記録を取ることを求められていることがわかります。

こうした食材の受入れの時から販売までの衛生管理の徹底を、今後、直売所だけではなくすべての食品事業者に求められるのです。

先に示した図「食の安全や品質管理のつながり」を御覧ください。食品製造業者や小売、飲食店等は、その食材の仕入れ先に、食の安全の確認を求めることになります。

農産物の生産者にとって、食の安全性を証明する手法の1つがGAP認証なのです。

2.インターネット取引(EC)や直売所での販売等の、販売ルートの変化

インターネット取引や直売所を通じて、生産者が直接、消費者に農産物を販売する機会が増えました。(図「食の安全や品質管理のつながり」の③と④のルート)

これは、生産者にとっては販売価格を自分の考えで設定できるなどのメリットがあります。一方で、その農産物に対する責任を、生産者は負っているということでもあります。

例えば、インターネットの産直市場を通じて購入したトマトやキュウリで作ったサラダを食べた消費者が、食中毒を起こしたとします。

この責任は誰が負うのか?責任をどこまで負わなければならないのか?

もう一度、図「食の安全や品質管理のつながり」を御覧ください。

図「食の安全や品質管理のつながり」の③のルートには「直売所・ネット」が記されていますが、その上にある「流通・小売・外食」とは異なり、半透明で示しました。

インターネットの産直市場運営会社は「農産物の売買の場所を提供しているだけ」で、「売買契約は生産者と消費者が直接とり結ぶ」という形式であることを表しています。(注1)

つまり、インターネットの産直市場を利用した場合、生産者は、直接、消費者に農産物を販売した時と同様の責任を負います。そして、インターネット上の産直市場運営会社は、異物混入や農産物が原因となる食中毒等の事故については責任を負いません。

農産物を運送する配送会社は、配送中に農産物が汚染されたり傷んだりした場合で、配送会社側に責任があれば、損害を補償してくれる可能性はあります。でも、現実は厳しいと思います。(注2)

(注1)詳しくは、インターネットの産直市場運営会社の利用規約または約款を御覧ください。

(注)宅配業者を利用する際に、まず農産物の配送を取り扱っていることと、その規約を確認する必要があります。その上で、腐敗や汚れ等のない商品を、配送中も棄損や汚損しないような手立てを講じて箱詰めして出荷したことを立証できれば、運送会社から補償を受けられるかもしれません。

つまり、消費者の食中毒について、生産者が直接、責任を求めらるということです。

消費者にとってのGAP

私の自宅近くにある、とても美味しい野菜を取り扱っている八百屋さんは、GAPのことを詳しくは御存知なかったようです。

八百屋さんですらそうなら、消費者でGAPのことを知っているのは少数派でしょう。

そういう私ですらホンの1年くらい前までは、GAPといえば衣服のブランドが最初に頭に浮かんだくらいです。

食べるときに「農薬の味がする」とか「大腸菌がついていた」ことに気づく人はいません。

基本的に、消費者は生産者がきちんと衛生管理をして農作物を生産していると、暗黙のうちに了解しています。

その信頼を裏切らないこと。つまり、食の安全に対して責任を持つ。そのためのGAPへの取組みは、消費者の信頼に応える生産者の姿勢だと私は思います。

GAPに取り組むメリットはある?

以前、Twitterに「GAP認証とっても売り上げが伸びない」というつぶやきを見たことがあります。たしか自然農法に取り組んでいる方だったと思います。

「売り上げ増のためにGAPに取組むのではない」というのは正論かと思いますが、現実には負担ばかりが増えて何のメリットもないのではつまらないことです。

GAP認証の取得には、次のようなメリットが指摘されています。

  • 農場後継者を中心にGAP認証に取組むことで、事業承継に役立った。
  • 農薬や資材の発注に無駄がなくなった。
  • 従業員の主体性が育った。
  • 農福連携に役立った。

中には、取引先から信頼を得た。あるいは取引先が増えた農場もあると、聞いたことはあります。

農林水産省のサイトに、様々なGAPについての情報があります。下のサイトをクリックして御覧ください。

GAPに関する農林水産省のサイト

※農福連携 = 障がい者や高齢者などで福祉サービスを受けている人々に、農作業に従事してもらうこと。障がい者等の収入や社会参加に通じる取組。

GAPって面倒くさい・・・。

GAPの認証を取るためには、様々なルールを作り、計画を立て、作業等の記録をとり、従業員全員が共通して行動するために掲示物を作ったりする必要があります。

「面倒くさい」という気持ちは、私には痛いほどわかります。

ただ、多くの事業で組織的に仕事を進めていく場合には、やはりルールを作り、計画を立て、作業の記録をとっているのではないでしょうか?

組織全員が同じ方向を向いて、一定水準以上のモノを作り続けるためには必要不可欠な、乗り越えていかなければならない面倒くささなのだと思います。

最近では、パソコンやスマートフォンを使用して、比較的手軽に作業記録を残すサービスもできているようです。

どのGAPがいいの?

都道府県GAPは、様々なGAPの中で最も手軽に取組めるものだと思います。

ただ、都道府県GAPの認証があるのは、限られた自治体ですし、その地域の外の人たちにとって認知されているかどうかはわかりません。

JGAPは日本で作られた、日本の農業に合わせた認証基準です。畜産についても認証できるのが特徴です。

国内での流通のみを目指しているのならば、JGAPが適しているかと思います。

ASIAGAPも日本で作られた基準ですが、GFSI(*)の承認を受けているので、国際的な基準と言えるでしょう。

ASIADAPは、JGAPの基準にHACCPの考え方や食品偽装防止などの基準も加わります。JGAPからの移行も可能ですので、認証を急がないのであれば、JGAPの認証をまず取ったうえで、ASIAGAPに進むという手段もあります。

GLOBALG.A.P.(グローバルGAP)は、世界120か国程が取り入れている基準です。特にヨーロッパでは標準的だと言われています。

輸出を考える農場や、そうした企業と取引のある農場は、相手国の事情や取引先と相談した上で、適したGAP認証に取組んだ方がよいでしょう。

※GFSIとは、食品の安全性向上のために、国や業界の垣根を越えて活動する国際組織。

JGAPって?

日本で普及しているGAP認証制度です。

JGAPの J は 日本 のことを指しており、日本での良い農業のやり方 の基準を示しています。

基準は大きく分けて次の5つ(畜産業は6と7を加えた7つ)の取組について定めています。

  1. 食品安全の確保
  2. 環境保全の確保
  3. 作業者の安全確保
  4. 作業者の人権福祉
  5. 信頼される農場管理
  6. アニマル・ウエルフェア(飼養環境)への配慮
  7. 家畜衛生の確保

それぞれの項目について、さらに詳細な管理点を設けています。

JGAPの認証を取るにはどうすればいいの?

JGAPには2つの認証の取り方があります。

★ 個別認証 : 1つの農場が受ける認証

★ 団体認証 : いくつかの農場が集まった団体全体が受ける認証

以下に、認証取得の手順の概略を記します。詳しくは

一般財団法人 日本GAP協会

のホームページを御覧ください。

個別認証をとる手順(例)

  1. 「JGAP農場用管理点と適合基準」を入手します。
  2. JGAP農場用管理点と適合基準への理解を深め、農場の現状を認識します。
  3. 管理点と適合基準に基づいた農場の取組を構築していきます。また、必要な文書等を整えていきます。
  4. 管理点と適合基準をクリアしているかどうか、自己点検し、不適合な部分を改善します。
  5. 日本GAP協会が承認する審査機関に審査を申し込みます。
  6. 審査を受けます。
  7. 審査の結果、「不適合」とされた部分を改善し、報告書を審査機関に提出します。
  8. 7の改善報告書の内容も含めた審査結果が届けられます。合格の場合は、認証場が送られます。

★上記のように、審査で「不適合」とされても、それを改善したことを認められれば認証をとることができます。

団体認証をとる手順(例)

  1. 団体の現状を把握します。
  2. 団体メンバーと「JGAPの認証をとる目的」を共有しましょう。
  3. 「JGAP農場用管理点と適合基準」と「団体事務局用管理点と適合基準」を入手します。
  4. 事務局と各農場の役割分担を明確にします。
  5. あとは、個別認証の3以降と同様に進めていきます。ただし、自己点検については、団体の内部監査員が各農場の監査を行います。

JGAPの認証を取った後は?

★認証の有効期間は2年間です。

★認証を維持するには、次の2つの審査を受け続けなければなりません。

  • 維持審査 : 認証を受けた日から1年半以内に審査する。
  • 更新審査 : 有効期限の6か月前から満了する日までの間に合格する。

★JGAPの認証をとった農場は、JGAPのロゴマークを名刺や、ウエブサイト、商品の袋等に表示することができます。

※ロゴマークを使用する際のルールは、日本GAP協会にご確認ください。