飲食店等の食品関連のHACCP、農業でのGAPの重要性

今朝の朝日新聞デジタルに「レアステーキ食べO157感染、90代女性が死亡 京都の食料店加工」という記事がありました。

 私がこの記事を読んだときの感想は、

「やはりHACCPとGAPは重要だ」

というものでした。もともと「これからはHACCPとGAPの観点や基準、方法を取入れた衛生管理は必須」だと思っていたものですから、その考えを強くしたという感じです。

※「HACCPとGAPは重要」というのは、「HACCPやGAPの認証を取るべきだ」という意味ではありません。ただ、認証を取らないにしても「HACCPとGAPの観点や基準、方法を取入れた衛生管理をするべきだ」という意味です。

なぜ「HACCPとGAPは重要」だと思ったか?

 上記の朝日新聞によれば、この店のレアステーキ(あるいはユッケ)やローストビーフを食べて食中毒になったのは、この女性の他に9~87歳の22人。その内、O157が検出されたのは11人と無症状の人1人だそうです。その中で亡くなったのは90代の方。

 「幼児や高齢者は重症化しやすい」と言われていますが、その通りの結果になったと私は受け止めました。

 一方で、現在の高齢者には元気な方が大勢いらっしゃいます。飲食店を見ても、ショッピングセンターやスーパーのイートインコーナーなどを見ても、高齢者がいることは当たり前の光景です。幼児をつれた親が会食している様子も普通に見られます。

 飲食店や食品販売関係の事業者から見たこの光景を、極端に表現すれば

 「食中毒になれば重症化しやすいリスクのあるお客様が、ご来店している」

ということになるでしょうか。

 そしてお店が提供した食品で、食中毒が発生すれば

 営業停止という行政処分

に加えて、お客様及びその家族や関係者などから

 衛生管理に過失があったことによる損害賠償

を求められることになるのです。当然、重症化したり後遺障害が残ったり、死亡したりすればその分だけ賠償金額は高額化します。

 では、この賠償金を支払うのは誰か?

 もし、飲食店等の食品を提供した店の衛生管理に問題が見当たらない場合には、1つ1つの食材の流通を遡って発生原因を追究することになるでしょう。

 この追及をしやすくすることも、近年の「HACCPまたはHACCPの考えを取入れた衛生管理の義務化」の理由です。

 したがって最終的には野菜・肉・魚などの生産者等にまで及びます。

 例えば「△△市の飲食店で発生した食中毒の発生原因であるO157は、副菜のスプラウトを生産した〇〇県の農家の衛生管理に問題があったため」となれば、その農家に責任を求められるかもしれません。

 だからこそ、飲食店や食品販売に関わる事業者にはHACCPが、農家にはGAPが重要なのです。

 繰り返しになりますが

 高齢化社会という食中毒の重症化リスクの高い人が多い中で事故を防ぐには、HACCPやGAPが重要だということです。

★O157などの腸管出血性大腸菌についての詳しい説明は、厚生労働省のこちらのサイトを御覧ください。

腸管出血性大腸菌Q&A (mhlw.go.jp)