共同利用加工施設の利用者もHACCP

吊るされた干し柿のイラスト

市町村や農協、農事組合などが設置した、地域住民や組合員が利用できる加工施設。

ここで、味噌や漬物、お菓子などを作って販売している農家や農家グループがいらっしゃるかと思います。

すでに御存知だと思いますが、

今年、令和3年6月1日から完全実施される改正食品衛生法によって

こうした共同利用加工施設を利用して、食品を加工・製造・販売している農家さんなども

HACCPに基づいた衛生管理をしなければなりません。

実は、昨年の6月に施行されており、現在(令和3年3月)は猶予期間にあたるだけなので、本当は、もうHACCPに基づいた衛生管理が求められています。

「そんなこと言ったって、フキノトウが取れたときに、フキ味噌(ばっけみそ)を作って直売所で売ってるだけだよ」

「たま~に、柏餅とか桜餅とか仲間と作って道の駅に出してるんだ」

「柿がたくさんとれるから、干し柿作って近所の八百屋で売ってもらってる」

という方でも、食品を売っているならHACCPの考えを取入れた衛生管理の計画や実施記録を、文書で残す必要があります。(食品衛生法の許可または届出も必要です)

もっとも、共同利用加工施設を利用しているならば、既にその施設管理者がHACCPに関する指導などをなさっておられると思いますが・・・。

万が一、まだHACCPの考えを取入れた衛生管理に手を付けておられないならば・・・

まず、施設管理者と、衛生管理の役割分担の協議をしましょう!

その上で、自分の役割に応じた衛生管理の計画や実施記録を作りましょう。

さらに、その衛生管理計画や実施記録を、施設管理者と利用者の間で、どのように確認しあうのか等の決まり事も必要になるかと思います。

いずれにしても、まだ未整備の施設または利用者は、対応を急がれた方がよろしいかと思います。

当事務所では、喜んでご協力いたします。

ちなみに、関連した農水省のHPはこちら

農水省HP : 改正食品衛生法の概要、HACCP手引書等について

※イラストは「いらすとや」より

農業の作業安全のための規範

トラクターに乗る農家のおじさんのイラスト

3月14日付の日本農業新聞(Web版)で

「作業安全規範を策定 『いのちを守る』最優先 農水省」

という記事を見つけました。

この記事を読んで「JGAP認証に通じるなあ」と思ったものです。

実際、農水省のHPから

「農林水産業・食品産業の作業安全のための規範(個別規範:農業)
事業者向け チェックシート」

をダウンロードして内容を見てみると、まさにGAPの管理点です。

農水省の発表によれば、令和元年の農作業中の死亡事故に限っただけで281人に上ります。

※農水省「令和元年に発生した農作業死亡事故の概要」より

これは週に6日、全国で1人くらいの割合で農作業中の事故で亡くなっているくらいのペースです。

死亡に至らなかった事故も含めれば、さらに多くの方が何らかの事故に遭われていると想像できます。

死亡原因としては、農業機械作業中の事故が圧倒的に多い(全体の65.5%)のですが、施設作業中の墜落や転落事故や、熱中症の多さも見過ごせません。

65歳以上の方の割合が約88%と高いのですが、これは農業人口の高齢化という課題を考えると、当然の結果ともいえるかもしれません。

しかしながら、今後、農福連携や未経験者や外国人の就農のことを考えると、これまで以上に作業の安全対策を講じる必要は高いと思います。

御自身の農場の安全対策がどのようなものか、一度振り返ってみる機会にする意味でも、この規範とチェックシートをダウンロードして活用されてみてはいかがでしょうか?

詳しいことは、下に農水省のHPへのリンクを貼りましたので、そちらを御覧ください。

農林水産省の、農業者向けの作業安全のための規範のHP

農林水産省の、農林水産業・食品産業の作業安全のための規範のHP

※ 画像は「いらすとや」から