整理整頓②~GAP的取組1

前回は、整理整頓の目的について、私なりに考えを整理しました。

項目だけ振り返ると、次の4つの目的を意識しましょうという提案です。

  • 農産物を守るため。
  • 働く人を守るため。
  • 環境を守るため。
  • 農場の経営を守るため。

今回は、整理整頓を心がける場所です。

整理整頓は上記4つの目的のために行うので、「毎日、作業の後片付けをする」ということだけでは足らないと思います。

作業中も整理整頓を心がけることが大切です。

ですから、整理整頓を心がける場所としては、具体的に書けば次の5つになります。

  1. 圃場およびその周辺
  2. 農産物取り扱い施設およびその周辺
  3. 倉庫
  4. その他の施設
  5. 運送・運搬の器具・機械

1.圃場およびその周辺

田、畑、ハウスの中はもちろん、その周囲にも気を配る必要があります。

病害虫、鳥や動物、雑草といったものからの農産物への被害を防ぐことはもちろん、農薬や肥料が周囲に影響を及ぼしていないかどうか早めに気づくためでもあります。

2.農産物取り扱い施設およびその周辺

選果場や出荷前の農産物を保管する倉庫などの農産物取り扱い施設。農薬やハエや蜂を退治するための殺虫剤が農産物につかないように、肥料、病原性の細菌が繁殖しやすい水滴がたまったりしないように、昆虫やゴミあるいはタバコ灰などの異物が混入ないように細心の注意をはらわなければならない場所でもあります。

3.倉庫

農薬や肥料、農業機械などを保管する倉庫。ここは働く人の安全や、在庫管理のしやすさが大切なところ。何より農薬の管理を徹底したい所でもあります。

4.その他の施設

作業途中に使うトイレ、休憩所、燃料等の保管場所、堆肥等仮置き場、ゴミ倉庫なども4つの目的達成のためには大切な場所です。

5.運送・運搬具の器具・機械

整理整頓というより清掃を心がける場所といった方がよいでしょうか?

例えば軽トラの荷台。様々な道具や農産物等を入れて持ち運ぶコンテナボックス。

農産物を汚さない、傷つけない。ケガをしない。

常にそうあるためには、どのように整理整頓あるいは清掃をすればよいのでしょうか?

・・・以上のように書くと、すごく面倒くさく思えてきます。

しかも整理整頓は、そこで働く人全員が心がけ実践しなければ意味がありません。

だから、働く人みんなで知恵を出し合って

「4つの目的を達成するために、かつ、できるだけやりやすい方法」

を工夫し続けることが重要なのだと思うのです。

そしてその取組自体が、実はGAPなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA