共同利用加工施設の利用者もHACCP

吊るされた干し柿のイラスト

市町村や農協、農事組合などが設置した、地域住民や組合員が利用できる加工施設。

ここで、味噌や漬物、お菓子などを作って販売している農家や農家グループがいらっしゃるかと思います。

すでに御存知だと思いますが、

今年、令和3年6月1日から完全実施される改正食品衛生法によって

こうした共同利用加工施設を利用して、食品を加工・製造・販売している農家さんなども

HACCPに基づいた衛生管理をしなければなりません。

実は、昨年の6月に施行されており、現在(令和3年3月)は猶予期間にあたるだけなので、本当は、もうHACCPに基づいた衛生管理が求められています。

「そんなこと言ったって、フキノトウが取れたときに、フキ味噌(ばっけみそ)を作って直売所で売ってるだけだよ」

「たま~に、柏餅とか桜餅とか仲間と作って道の駅に出してるんだ」

「柿がたくさんとれるから、干し柿作って近所の八百屋で売ってもらってる」

という方でも、食品を売っているならHACCPの考えを取入れた衛生管理の計画や実施記録を、文書で残す必要があります。(食品衛生法の許可または届出も必要です)

もっとも、共同利用加工施設を利用しているならば、既にその施設管理者がHACCPに関する指導などをなさっておられると思いますが・・・。

万が一、まだHACCPの考えを取入れた衛生管理に手を付けておられないならば・・・

まず、施設管理者と、衛生管理の役割分担の協議をしましょう!

その上で、自分の役割に応じた衛生管理の計画や実施記録を作りましょう。

さらに、その衛生管理計画や実施記録を、施設管理者と利用者の間で、どのように確認しあうのか等の決まり事も必要になるかと思います。

いずれにしても、まだ未整備の施設または利用者は、対応を急がれた方がよろしいかと思います。

当事務所では、喜んでご協力いたします。

ちなみに、関連した農水省のHPはこちら

農水省HP : 改正食品衛生法の概要、HACCP手引書等について

※イラストは「いらすとや」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA