リスクの分析~GAP

JGAPやASIAGAPの管理点で、様々な場面でのリスクを洗い出し、評価をし、対応を検討することが求められています。

これはGAPに限らず、防災を考える上でも、他の多くの企業のリスク管理をする上でも大切なことですが、非常に難しくもあります。

なかでもリスクの洗い出し=リスク分析は思いのほか難しいと、私は思います。

難しさの一番の原因は

人の「思い込み」あるいは「安心願望」にある

と思います。そして、それ自体は決して責められるところではありません。

例えば、

「新規にトラクターを購入する」

という場面を考えてみてください。(購入するかどうかを、検討する場面)

私は、ここに「検討すべきリスクがある」と考えます。

トラクターの運転経験がない、あるいは少ない方なら感じる不安=リスクを、ベテランの農家は、もしかすると「今まで事故無し」であったことから見逃してしまう事かもしれません。

だから、GAPなどでリスクの分析をするときは、

何人かの人と一緒に

  • 有り得ないかもしれないことも言う
  • 他人の発言を否定しない
  • 茶飲み話をするような気楽さで話す

というルールの元に、アイディアを出し合った方がよろしいかと思います。

できれば、年齢や性別や立場や生産している作物等が異なって人たちのグループの方が、発想が柔軟になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA